windows設定

【Windows10】Win10起動手順と必要な設定一覧

まずはこの記事をお気に入りに登録してください。

パソコンの入れ替え作業は数時間はかかります。

 

2019年1月14日にWindows7のサポート終了に伴い、Windows10へのパソコンの入れ替えが行われています。

Windows10は初期設定時にMicrosoftアカウントで起動してしまうなど、Windows7の初期起動時と比べると少しややこしくなっています。

Windows10を起動するにあたり、ローカルアカウントで起動する手順などをまとめましたので、参考にしてWindows10の初期設定とデータの移行を行ってください。

Windows10ローカルアカウントでの起動手順

Windows10でMicrosoftアカウント利用してローカルアカウントとの連携を行うのはオススメできません。
起動後の無駄なトラブルを避けるためにローカルアカウントでWindows10を起動しましょう。

【Windows10】Microsoftアカウントは使わずローカルアカウントで起動する手順Windows10の初期起動時に標準ではMicrosoftアカウントを登録してパソコンを起動するように求められています。 セキュリティの面と設定後の安定稼働の為には【ローカルアカウント】での起動をおすすめします。...

コンピューター名(ホスト名)の変更

PCを起動後に真っ先に行う作業はコンピューター名(ホスト名)の変更です。
特定のソフトをインストールした後ではPC名の変更ができなくなるので、先に設定を行いましょう。

Windowsの初期設定 - コンピューター名(ホスト名)の変更手順WindowsのOSはネットワーク上で表示される名前を指定する必要があり、どのパソコンにもコンピュータ名が付いています。 Wind...

InternetExplorerのショートカット表示手順

Windows10では起動後のデスクトップ上にあるショートカットはInternetExplorerではなくMicrosoft Edgeです。
まだMicrosoft Edgeは対応していないWebサイトがあるので、Internt Explorerのショートカットを表示させ、既定で開くアプリをInternet Explorerに設定しましょう。

【Windows10】IE11ショートカット作成 - 起動ページ変更 - 既定のアプリに設定Window10は起動時にInternet Explorerのショートカットが表示されずにMicrosoft Edgeのみの表示になって...

Microsoftアカウントの設定

Windows10はローカルアカウントで起動しましたが、Microsoft StoreやOfficeアプリのライセンス認証などでMicrosoftアカウントが必要になります。
Microsoftアカウントをまだ持っていないかたはMicrosoftアカウントを作成しましょう。

【Windows10/8.1】超簡単Microsoftアカウント作成手順Microsoftアカウントの作成する際のURLと手順を説明。無料で5GBまで利用できるOneDriveの初期設定手順は別記事で紹介。 OneDriveやMicrosoft StoreやOfficeソフトのライセンスを入力する際にはMicrosoftアカウントを作成しましょう。...

Officeソフトのインストールとライセンス認証

購入したOfficeソフトはプレインストール版のOfficeですか?月額版のOffice365ですか?
パソコンに最初からOfficeソフトがインストールされているプレインストール版Officeはストアアプリ版の可能性があるので、ソフトウェア版のOfficeに入れ直しましょう。

5.1プレインストール版Officeのライセンス認証手順

プリインストール版のOfficeはライセンス認証時にMicrosoftアカウントが必要になるケースがあります。
作成したMicrosoftアカウントを使ってOfficeのライセンス認証を行いましょう。

プレインストール版Officeライセンス認証手順

Microsoft Officeソフトの初期起動時のライセンス認証手順Office PersonalやOffice Home&Business、Office Professional等のプレインスト...

5.2プレインストール版Officeのストアアプリ版からソフト版Officeの変更

プレインストールされているOfficeがストアアプリ版のOfficeかソフト版のOffice判断する場合は以下の記事を参照してくだい。
ストアアプリ版のOfficeの場合はソフト版Officeに入れ直しましょう。

【不具合多発】ストアアプリ版Officeをソフト版Officeに変更する手順アプリ版のOfficeで不具合多発。インストールされているソフトがソフト版かストアアプリ版か確認手順と、ストアアプリ版からソフト版のOfficeをインストールする手順紹介。...

5.3Office365のOfficeソフトインストール手順

Office365を新規契約した方は、管理サイトからユーザーの作成とライセンスの付与が必要なので、先にユーザーの作成とライセンスの割り当てを行いましょう。

Office365ユーザー追加方法Office365ユーザー追加方法 Office365を複数ユーザー契約した場合や、ユーザー数増やした場合はOffice365のユーザ...

次に作成したユーザーでOffice365ユーザーでOfficeソフトをインストールしましょう。

Office365ソフトインストール方法Office365ソフトインストール Office365がクラウドの商品と説明すると、多くの方が「WordとかExcelもネット上で操...

Outlook初期起動とデータ移行手順

Outlookデータ初期設定とデータの移行手順はそれほど難しくありませんが、旧パソコンでLiveメールを利用している場合ぱデータの移行手順が複雑になります。
しかし、手順をよく読んで作業すれば必ず失敗せずにデータの移行ができます。
データの移行がある場合はOutlookデータの移行が完了してからメールアカウントの設定を行ってください。

6.1メールの設定値の確認手順

まず、旧パソコンから以下情報を取り出します。

必須情報
smtpサーバー、ポート番号
popサーバー、ポート番号
アカウント名
パスワード

任意情報
表示名
メッセージの削除設定

参考記事

パスワード不明でも大丈夫!Liveメール、Outlookの各種設定値の確認方法Liveメール、Outlookの各種設定値確認方法を記載しています。 パスワードを忘れた方でも簡単に確認する事が出来ます。 既存のパソコンで各種設定値を確認して新しいパソコンにメールを設定しましょう。...

6.2旧パソコンがliveメールの場合のメールデータ移行手順

旧パソコンでのメーラーがliveメールの場合はliveメール標準のOutlookデータの変換を行うと失敗する可能性が非常に高くなります。
以下の手順を参照して、liveメールデータからOutlookデータの変換を行ってください。
Outlookデータファイルの変換が完了したら新しいパソコンへデータを移行しましょう。

【もう失敗しない】LiveメールのデータをOutlookへ移行する手順LiveメールからOutlookへの移行はLiveメールの標準機能のエクスポートでは失敗します。無料ソフトを利用して完璧にOutlookに移行する手順を紹介します。 Liveメール標準のOutlookにエクスポートできなかった方はこの記事を読んでください。...

Liveメールのアドレス帳を移行する場合は手順6.3へ

Liveメールのアドレス帳を移行しない場合は手順6.5へ

6.3 旧パソコンがliveメールの場合のアドレス帳のデータ変換と移行手順

メールデータと同じで、liveメールからアドレス帳をOutlookに移行する際に、標準の機能を使って移行するとOutlook側で文字化けが発生します。
以下の手順を参照しOutlookにアドレス帳を移行してください。

【文字化けしない】Liveメールのアドレス帳をOutlookへ移行する手順Liveメールの宛先表はCSV形式でエクスポート後にOutlookに移行する時、文字化けが発生します。 エンコード方法を変えたとしても文字化けは直りますが、正常なデータ領域にインポートされません。 表示名や姓、名を完璧に移行する手順を紹介しています。...

手順6.5へ

6.4旧パソコンでOutlookを利用している場合のデータ移行手順

旧パソコンでOutlookを利用している場合はデータの移行は簡単です。
以下の記事を参照してデータの移行を行ってください。

【Outlook2016、2019】メールデータとアドレス帳データを引き継いで起動する手順旧パソコンでLiveメールを利用して新しいパソコンでOutlookを利用する場合は以下の記事を参照してデータの移行をしてください。 ...

手順6.5へ

6.5Outlook初期起動手順

Liveメール、Outlookのデータファイルを新しいパソコンに移行できたら、Outlookの起動を行いましょう。

【Outlook】メール初期設定 -裏技-Outlook2016以前の設定画面を開く手順パソコンでメールをする時はOutlookやLiveメール等のメーラーを使ってメールをしています。 インターネット上で直接メールの送...

資格情報の移行

旧パソコンでNASや共有フォルダなどにアクセスしていた場合はアクセスする際のユーザー名とパスワードの資格情報が登録されている可能性があります。

以下の手順を参照して資格情報を移行しましょう。

【ネットワーク資格情報の入力表示】共有フォルダのパスワード分からない時にはネットワーク資格情報の移行。資格情報とはネットワーク上の共有フォルダにアクセスする時に、どのユーザーとパスワードでアクセスするかを記憶させる機能です。 通常W...

AcrobatReaderDCのインストール手順

Windows10はPDFを見るソフトはMicrosoft Edgeになります。
PDFの表示や印刷時のトラブルを考えるとAdobeのAcrobatReaderDCをインストールして、PDFを開くようにしましょう。

PDF閲覧ソフトはやっぱりAdobe - インストールと既定のプログラム設定手順Windows10ではPDFデータを開くと標準の設定ではMicrosoft Edgeが起動してPDFを表示します。 Microso...

プリンタードライバーインストール手順

プリンタードライバーはメーカーのホームページアクセスして、ドライバーをインストールしましょう。
Windows10ではネットワークに接続されているプリンターは自動的にインストールされますが、簡易的なドライバーしかインストールされない場合もあるので、必ずメーカーホームページにある最新のプリンタードライバーをインストールしましょう。

共有フォルダの設定

旧パソコンで複合機からスキャンの設定を行なっていた場合は新しいパソコンでもスキャンの設定を行いましょう。
まだ、他のパソコンから共有フォルダにアクセスしてもらってた場合も同様の手順で共有フォルダを作成しましょう。

共有フォルダの設定手順共有フォルダとはその名の通り、フォルダー内のファイルをネットワーク内の別のパソコンと共有する機能です。 共有フォルダーを利用するに...

スキャンができない場合ば以下よ記事からスキャンの設定を見直してください。

【スキャントラブル】この記事で9割直ります。スキャンができない時の設定確認手順この記事はパソコンの共有フォルダに直接スキャンする方法でスキャンを行っている方の確認手順になっています。 動画でも修復手順を公開し...

コントロールパネルやユーザーフォルダ、ネットワークの表示手順

Windows10ではコントロールパネルの表示手順が難しくなりました。

コントロールパネルをデスクトップ上に表示させるついでに、ユーザーフォルダやネットワークのアイコンも表示させましょう。

【Windows10】アイコン表示手順。ゴミ箱、コンピュータ、ネットワーク、ユーザーフォルダ、コントロールパネルデスクトップ上にゴミ箱、コンピュータ、ネットワーク、ユーザーフォルダ、コントロールパネルのアイコン表示があると、作業にすぐに進みますね。...

データ移行

データの移行時にUSBメモリや外付けHDDなどを利用するかと思いますが、フォルダの更新日時を変更したくない場合は以下の手順でフォルダの更新日時を変えずにコピーしましょう。

フォルダの更新日時を変更しないでコピーする手順データをUSBにコピーする時や他のパソコンにコピーしようとすると、フォルダーの更新日時がコピーした日付に変わってしまいます。 ...

フォントデータの移行手順

旧パソコンで特殊なフォントを利用していた場合、新しいパソコンにExcelやWordの移行したデータを開くと文字の形が異なって表示されます。

文字の形のデータは利用しているパソコンにデータが保存されているので、新しいパソコンでExcelやWordなどの文字データの文字が異なっている場合は以下の記事を参照して旧パソコンからフォントデータを移行しましょう。

フォント移行手順解説!新しいパソコンでエクセルやワード等の文字の形が違う フォントにはライセンス規約があり、ライセンス条項でコピーする事が禁じられている事があります。有償のフォントを利用している場合は、...

まとめ

新しいパソコンへの各種設定はうまく行きましたか?

初心者の方でも手順をよく見ていただければデータの移行と基本的な設定を移行できたはずです。

なるべく初心者の方でもわかりやすく記事を書いていますが、手順がよくわからないところがあった場合は問い合わせから連絡してください。

また、旧パソコンにインストールされている各種メーカーのソフトに関してはメーカーホームページを確認してデータ移行手順を確認してください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。