officeソフト設定

【文字化けしない】Liveメールのアドレス帳をOutlookへ移行する手順

この手順はYouTubeで動画でも公開しています。

動画のほうがわかりやすい方はYouTubeを見てください。

 

 

LiveメールのメールデータをOutlookへ移行する場合は以下の手順を参照してください。

【もう失敗しない】LiveメールのデータをOutlookへ移行する手順LiveメールからOutlookへの移行はLiveメールの標準機能のエクスポートでは失敗します。無料ソフトを利用して完璧にOutlookに移行する手順を紹介します。 Liveメール標準のOutlookにエクスポートできなかった方はこの記事を読んでください。...

Liveメールのメールデータの移行はうまくいきましたか?

Liveメールの宛先表もLiveメールとOutlookの標準の機能でエクスポート、インポートを行おうとすると文字化けが発生したり、表示名がうまくインポートされなかったりします。

ひと手間加えることで、表示名も文字化けもせずにインポートできますので手順をよく読んでLiveメールの宛先表の移行を行ってください。

Liveメールの宛先表をOutlookにインポートする手順

Liveメールのデータ移行手順は

  1. Liveメールの宛先表のエクスポート
  2. Outlookの宛先表の空データをエクスポート
  3. Outlook宛先表の空データを編集
  4. Outlookに宛先表データをインポート

上記の手順で行っていきます。

Liveメールの宛先表データのエクスポート

Liveメールを開き、アドレス帳をクリック

 

 

 

 

①エクスポートをクリックして②カンマ区切り(CSV)をクリック

 

 

 

 

CSVのエクスポートの画面が開くので「参照」をクリック

 

 

 

 

①わかりやすい保存場所をクリックして②わかりやすいファイル名を入力して③保存をクリック

 

 

 

 

「次へ」をクリック

 

 

 

 

「名」から「電子メール」までチェックを入れて完了をクリック。

 

 

 

 

ファイルがエクスポートされたことを確認する。

上記の手順でLiveメールのアドレス帳のデータをエクスポートできました。

Outlookの宛先表の空データをエクスポート

Liveメールの宛先表を移行したいパソコンでOutlookを開きます

Outlookが開いたら「ファイル」をクリック

 

 

 

 

①開く/エクスポートをクリックして②インポート/エクスポートをクリック

 

 

 

 

ウィザードが開くので①ファイルにエクスポートをクリックして②次へをクリック

 

 

 

 

①テキストファイルをクリックして②次へをクリック

 

 

 

 

 

①連絡先をクリックして②次へをクリック

 

 

 

 

参照をクリック

 

 

 

 

①わかりやすい場所を選択して②わかりやすいファイル名を入力して③OKをクリック

 

 

 

 

元の画面に戻ったら「次へ」をクリック

 

 

 

 

完了をクリック

 

 

 

 

ファイルがエクスポートされたことを確認する

上記の手順でOutlookの宛先表の空データをエクスポートが完了です。

Outlook宛先表の空データを編集手順

LiveメールとOutlookのエクスポートされたデータをどちらも開く

 

 

 

 

Liveメール側の「名」の列をOutlook側の「名」の列にコピーする。同様の手順でLiveメール側の「姓」の列をOutlook側の「姓」の列にコピーする。

 

 

 

 

①Liveメール側の「名前」列にあるデータをコピーする。

②Outlook宛先表データを右にスクロールする

 

 

 

 

Outlook宛先表データの「電子メール(表示名)」列にLiveメール側の「名前」列のデータを貼り付ける

 

 

 

 

①Liveメール宛先表データの「メールアドレス」列をOutlook宛先表データの「電子メールアドレス」列にコピーする。

②Outlook宛先表データ画面の「ファイル」をクリック

 

 

 

 

①名前を付けて保存をクリックして②参照をクリック

 

 

 

 

①わかりやすい場所を選択して②わかりやすいデータ名を入力して③CSVファイルが選択されている事を確認して④保存をクリック

 

 

 

 

作成したデータが保存されている事を確認する。

Outlookに宛先表データをインポート

Outlookを開き「ファイル」をクリック

 

 

 

 

①開く/エクスポートをクリックして②インポート/エクスポートをクリック

 

 

 

 

①他のプログラムまたは…をクリックして②次へをクリック

 

 

 

 

①テキストファイルをクリックして②次へをクリック

 

 

 

 

参照をクリック

 

 

 

 

①先程作成して保存したCSVファイルを選択して②OKをクリック

 

 

 

 

次へをクリック

 

 

 

 

①宛先表をクリックして②次へをクリック

 

 

 

 

完了をクリック

 

 

 

 

Outlookの最初の表示にして宛先アイコンをクリック

 

 

 

 

宛先表が正常にインポートされていることを確認する

表示されていない場合はOutlookを再起動してから宛先表を見てください。

まとめ

Liveメールの宛先表の移行は上手くいきましたか?

Outlookにデータをインポートした後ですが、必ず宛先表のアドレスを確認してください。

LiveメールのデータをOutlookへ移行する記事と合わせて移行手順を行うと、メールのデータと宛先表を完璧に移行できます。

【もう失敗しない】LiveメールのデータをOutlookへ移行する手順LiveメールからOutlookへの移行はLiveメールの標準機能のエクスポートでは失敗します。無料ソフトを利用して完璧にOutlookに移行する手順を紹介します。 Liveメール標準のOutlookにエクスポートできなかった方はこの記事を読んでください。...

ただし、Liveメールの仕訳ルールの設定は移行できないので再設定をしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。