windows設定

【Windows10/8.1】超簡単Microsoftアカウント作成手順

MicrosoftアカウントはWindows10を起動時に設定を行い、Windows10の設定情報やBitlookerやパスワードなどを他のMicrosoftアカウントと連携しているMicrosoftの端末と同期する時に使うアカウントです。

Microsoft Storeや無料で使えるOneDriveなどを利用する時などもMicrosoftアカウントが必要になります。

OneDriveを利用したい場合はMicrosoftアカウントを作成すると無料でクラウドストレージ領域が5GB迄利用する事が出来ます。

OneDriveをお試しで利用したい場合やMicrosoft Storeからアプリをダウンロードしたい場合はMicrosoftアカウントを作成しましょう。

 

Microsoftアカウントの作成手順の動画は以下の動画に含まれています。

Microsoftアカウント作成手順

以下のURLからMicrosoftアカウントログイン画面にアクセスします。

https://account.microsoft.com/

 

  1. Microsoftアカウントを作成をクリック

 

 

 

  1. アカウントにするメールアドレスを入力
  2. 次へをクリック

 

 

 

  1. アカウントのパスワードを入力する
  2. 次へをクリック

 

 

 

  1. アカウントに設定したメールアドレス宛にセキュリティコードが届くので控える

 

 

 

  1. 控えたセキュリティコードを入力
  2. 次へをクリック

 

 

 

  1. 表示された文字を入力する
  2. 次へをクリック

 

 

 

Microsoftアカウントの作成が完了してメニュー画面にログインできる

まとめ

MicrosoftアカウントはOneDriveやOfficeソフトのライセンス入力時やMicrosoft Sotreでのアプリの購入やダウンロードに必要になります。

Windows10では初期起動時にユーザーをMicrosoftアカウントで起動するように求められますが、MicrosoftアカウントとWindows10のユーザーを連携させる事は余計なトラブル発生や、意図しないデータがMicrosoftに送信される可能性があるのでオススメしません。

Microsoftアカウントを利用せずにWindows10を起動する手順は以下の記事を参照してください。

【Windows10】Microsoftアカウントは使わずローカルアカウントで起動する手順Windows10の初期起動時に標準ではMicrosoftアカウントを登録してパソコンを起動するように求められています。 セキュリティの面と設定後の安定稼働の為には【ローカルアカウント】での起動をおすすめします。...

MicrosoftアカウントはOneDriveなどの必要なサービスのみで利用するようにしましょう。

OneDriveの設定手順は以下の記事を参照してください。

onedriveインストールと同期設定Windwos10のOneDriveの同期手順は以下の動画でも説明しています。 Windwos10の方は動画を参照してください。 ...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。