iPhone/ipad

【iPhone/iPad】OneDriveとSharePointのデータを扱う初期設定と使い方

Androidも同様のほぼ同様の手順です。

Office365を契約すると必ずOneDriveのストレージ領域が1TBが使えるようになります。

OneDriveをiPhone/iPadで使いこなすことによりパソコンとのデータの同期が容易に行うことが出来ます。

またOffice365Business EssentialsやOffice365Business PremiumではOffice365の同一テナントのユーザーとデータを共有できるSharePointが利用できます。

SharePoint内のデータもOneDriveアプリでデータの閲覧やデータのアップロードを行えます。

SharePoint内のデータを見るためにSharePointのアプリで見ようとしないでください。SharePointのアプリではデータの閲覧はできないと考えていいです。

 

OneDriveの初期設定は以下の動画に含まれています。

動画のほうが見やすい方は動画を見てください。

OneDriveアプリの初期設定手順

まずはApp StoreからOneDriveをインストールしましょう。

iPhone,iPad用リンク

https://apps.apple.com/jp/app/microsoft-onedrive/id477537958

Android用リンク

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.skydrive&hl=ja

 

インストールが出来たらOneDriveのアイコンをタッチ

 

 

①OneDriveが使えるMicrosoftアカウントまたはOffice365のアカウントを入力して②→をタッチ

 

 

 

 

①パスワードを入力して②サインインをタッチ

 

 

 

サインインが完了するとOeeDrive内のデータが表示される

ShrePointのチームサイトのデータを見る手順

初期設定を行った後にOneDriveアプリを開きライブラリをタッチ

 

 

 

アクセス権があるサイトが表示されるので、データを見たいサイトをタッチ

 

 

 

ドキュメントをタッチ

 

 

 

SharePoint内のデータが表示されます。

iPhone/iPadデータのアップロード初期設定

写真をタッチ

 

 

 

適当に写真を開き【↑】をタッチ

 

 

 

その他をタッチ

 

 

 

①OneDriveのチェックをオンにして②完了をタッチ

 

 

OneDriveにデータのアップロード手順

OneDriveをタッチ

 

 

 

保存したいフォルダをタッチ

 

 

ここにアップロードをタッチ

 

 

 

OneDriveに保存されましたと表示されたらアップロード完了です。

まとめ

iOS、iPadOSでは写真アプリ以外でも様々なアプリでデータを開いた後に【↑】マークが表示されます。

【↑】マークをタッチしてその他にOneDriveが表示されていればデータのアップロードが可能です。

パソコン側でもOneDriveと同期の設定を行っていれば、パソコンとスマホ間のデータのやり取りが自動的に行えます。

onedriveインストールと同期設定Windwos10のOneDriveの同期手順は以下の動画でも説明しています。 Windwos10の方は動画を参照してください。 ...

またPDFやExcelやWordのデータをOneDriveに保存していれば外出先でExcelやWordのデータを見たり編集したりすることが出来ます。

OneDriveやSharePointを使いこなして働き方改革に役立てましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。