sharepoint設定操作

SharePoint サイトドキュメントパソコンと同期方法

SharePoint サイトドキュメントパソコンと同期方法

SharePointのメンバーと共有ているデータをパソコンのOneDrive Business用の同期ソフトを使用して同期することができます。

OneDrive Business用の同期ソフトのインストールしていない方は下の記事でインストール手順を確認してください。

onedriveインストールと同期設定Windwos10のOneDriveの同期手順は以下の動画でも説明しています。 Windwos10の方は動画を参照してください。 ...

SharePointでまだデータを同期したいサイトを作っていない方は下の手順からサイトを作成してください。

共有フォルダのように使おう!sharepointサイト作成方法SharePointを共有フォルダのように使う方法を説明します。SharePointのサイト上限数は500,000サイト、データ容量は1TB+契約ユーザー×10GBです。かなり多くのデータが格納できるので、例えば部門別のアクセス権をかけたサイト等を作りドキュメントを共有すると便利に使えると思います。...

同期手順

SharePointの同期したいサイトにアクセスしてください。

サイトURLがわからない方は下の記事を参照して検索してください。

【サイトURLなんだっけ?】SharePointサイト検索SharePointのサイトを開こうとした時にSharePointのサイトURLが分からずにアクセスできない事はよくあります。SharePointサイト一覧表示で解決できます。...

 

 

サイトにアクセスしたら画面右側の「ドキュメント」をクリック

ここでは「ドキュメント共有」という名前のサイト名を作ってあります。

 

 

画面中央の「・・・」をクリックさせて「同期」をクリック

 

 

ポップアップ表示が出てくるので「許可」をクリック

 

 

パソコンの画面左下に同期の表示出ます。

 

 

SharePointサイト上のをクリック

 

 

エクスプローラーを開き新しく追加されているをクリック

の名前はOffice365を登録した時の会社名が表示されます。

 

 

「サイト名-ドキュメント」の形式でフォルダさ作成されています。

このフォルダがサイトで共有されているドキュメントです。

 

 

テストで「サイト名-ドキュメンド」のフォルダの中にワードのデータを入れてみます。

状態がチェックマークになったら、SharePointのサイトを表示してみましょう。

 

 

SharePointサイト内にも同じワードがあります。データが同期されている事が確認できました。

SharePointサイト内ではデータの更新者がどのユーザーかもわかるので、必要があるときはSharePointのサイトにアクセスして確認しましょう。

 

以上の手順でSharePointサイトのドキュメントデータ同期手順です。

その他のSharePointユーザーのパソコンでも同期をすると、共有フォルダのように使えます。是非設定してみてください。

同期したフォルダーから直接Office系データを編集する場合はOfficeソフトに365のアカウントを設定してください。

office365オフィスソフトに365アカウントを設定オフィスソフトに365アカウントを設定 Word、ExcelなどのOfficeソフトにOffice365のアカウントを設定しないと、O...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。