パソコントラブル

【不具合】Windows11にアップグレード後にWindows10に戻す手順

2021年10月からWindows11に対応した機器であればWindows11にアップグレードできるようになりました。

Windows11にアップグレード後に動作不良やソフトが動かない場合はこの記事の手順を参照して、Windows10に復元してください。

Windows11にアップグレードにWindows10に復元できる期間は10日間なので、アップグレード後動作角煮を早急に行って、問題ない事を確認してください。

Windows11にアップグレード後に不具合がある方はこの記事の手順でWindows10に復元してください。

また、Windows11にアップグレードする場は、以下の記事を参照して回復メディアとイメージバックアップを作成しておけば、いつでもWindows10にリストアすることが可能です。

Windows10に復元する手順

  1. Windowsマークをクリック

 

 

  1. アプリの一覧から設定ををクリック

 

 

 

  1. システムをクリック
  2. 回復をクリック

 

 

 

  1. 復元をクリック

 

Window10に復元する理由を聞かれるので、理由を選択して復元をクリックしてください。

復元前にバックアップを聞かれるので、ファイルのバックアップが必要な方はバックアップを行った後に復元をしてください。

まとめ

Windows11にアップグレードに不具合が発生した場合は10日以内に復元の処置を行ってください。

10日経過後にWindows10にしたい場合はリカバリするしかないので、ファイルのバックアップを行った後に、Windows10のISOデータをダウンロード後に以下の記事のリカバリ手順を参照してください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。