パソコントラブル

【Windows10】NASや共有フォルダにアクセスできない時の対処方法

この記事は動画で紹介しています。

 

パソコンの入れ替えや、Windows10を導入した際に既存のNASや共有フォルダーにアクセスできない場合があります。

この記事では以下のエラーが表示された場合に有効な手順になります。

安全でないファイル共有には接続できません。この共有には最新でないSMB1プロトコルが必要です。そのプロロコルは安全でないため、システムが攻撃にさらされる可能性があります。

このシステムにはSMB2以降を使用する必要があります。この問題を解決する方法の詳細については、次のページを参照してください。

Windows10ではSMB1.0が無効に設定された状態で立ち上がります。

古いNASなどはSMB1.0でしか通信が行えない為、NASやファイルサーバーの入れ替えを検討するか、Windows10のSMB1.0Client機能を有効にしなくてはなりません。

それではSMB1.0Client機能を有効にする手順を説明します。

SMB1.0は脆弱性が発見されていますのセキュリティ上、SMB1.0の機能を利用するのはオススメできません。

2017年ごろにランサムウェアでファイル共有していたデータがすべて消失した(暗号化されてしまった)企業も多く見ています。

SMB1.0を有効にする際は、必ずバックアップやセキュリティソフトの設定を適切に行ってください。

NASはSMB2.0の機能が出荷時の設定でオフになっている場合があるので、現状使用しているNASの設定を確認してSMB2.0を有効にできる場合はSMB2.0を有効化してください。

SMB1.0有効化手順

コントロールパネルを開いてカテゴリ表示にしてください

最速!Windows10で素早くコントロールパネルの開く手順素早くWindows10のコントロールパネルを開く方法紹介。 この手順なら電話越しでもコントロールパネルを開いてもらえます。2行の文を覚えてパソコンサポートに活かしましょう。 キーボード左下のウィンドウズマークを押しながらRを押してください。 入力される画面が表示したらcontrolと入力してエンターキーを押してください。 これでWindoswOSはコントロールパネルが開きます。...

 

 

プログラムのアンインストールをクリック

 

 

 

Windowsの機能の有効化または無効化をクリック

 

 

 

SMB 1.0/CIFS File Sharing Supportの(+)をクリック

 

 

 

①SMB 1.0/CIFS Clientにチェックを入れて②OKをクリック

 

 

 

設定完了が表示されたら①閉じるをクリックして②パソコンを再起動する

再起動を行わないとSMB1.0の機能が有効になりませんので注意してください。

 

再起動が完了したら、NASにアクセスできるか確認してください。

まとめ

SMB1.0Cliant機能を有効にすると、冒頭で表示されている「安全でないファイル共有には接続できません。」という表示が出なくなっていると思います。

ユーザー名やパスワードの入力が求められた場合は、共有フォルダやNAS側にアクセス権の設定がされている可能性があるので、管理者の方からユーザー名とパスワードを聞いて入力しましょう。

ユーザー名とパスワードがわからない場合は入れ替え前のパソコンから資格情報をコピーする手順を参照して、新しいパソコンに資格情報をコピーしましょう。

【ネットワーク資格情報の入力表示】共有フォルダのパスワード分からない時にはネットワーク資格情報の移行。資格情報とはネットワーク上の共有フォルダにアクセスする時に、どのユーザーとパスワードでアクセスするかを記憶させる機能です。 通常W...
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。