パソコントラブル

【Windows】入力文字が上書きされてしまう時の対処手順 Insertキー無効化

Officeソフトなど利用時に文字入力を行っていると、文字が上書きされてしまう時ありませんか?

 

原因がわからずにパソコンを再起動している方もいると思います。

 

入力が上書きされてしまう原因はキーボード上の「Insert」キーを押してしまって、文字入力モードが上書きモードに変更されているからです。

もう一度「Insert」キーを押すことで文字入力モードを通常入力モードに切り替えることもできます。

この「Insert」キーですが、上書きモードに変更する以外に使いどころがないので、無効にしてしまっても問題ないキーになります。

この記事では、「Insert」キーを無効にする手順を説明していきます。

【Insert】無効化手順

この手順はレジストリを変更する手順になるので、細心の注意をはらって作業を行ってください。

 

 

を押してください。

 

  1. 【regedit】と入力
  2. OKをクリック

 

 

 

  1. HKEY_LOCAL_MACHINEを開く
  2. SYSTEMを開く
  3. CurrentControlSetを開く
  4. Controlを開く

 

 

 

  1. KeyBoard Layoutをクリック
  2. 何もない所で右クリック
  3. 新規をクリック
  4. バイナリ値をクリック

 

 

 

  1. 作成された【新しい値#1】を右クリック
  2. 名前の変更をクリック

 

 

 

  1. 【Scancode Map】と入力

 

 

 

  1. 【Scancode Map】を右クリック
  2. バイナリデータの修正をクリック

 

 

 

  1. 編集画面が表示される

 

 

 

  1. 以下の値を入力してください
  2. 入力後OKをクリック

コピペが出来ないので、間違えないように入力してください。

一段目 00 00 00 00  00 00 00 00

二段目 02 00 00 00  00 00 52 E0

三段目 00 00 00

複数のキーを無効化したい場合や、キーの入力を別のキーと変更したい場合はTwitterから連絡してください。

 

 

 

設定完了後にパソコンを再起動してください。

上記の手順で「Insert」キーが無効化されます。

【Insert】キー有効化手順

無効化の手順同様でregeditを開いて【コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout】を開いてください。

 

  1. Scancode Mapを右クリック
  2. 削除をクリック

 

 

  1. 【はい】をクリック

 

設定完了後にパソコンを再起動してください。

上記の手順で「Insert」キーが有効化されます。

まとめ

Insertキーを間違えて押して上書きモードにしてしまう方は、上書きモードに気付かずに文字入力を行っているはずです。

ちなみに私もその一人です。

この設定を行うことによって、たまに起こるうっとしい上書きモードとおさらばしましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。