DocuWorks

【DocuWorks】DocuWorksの基本的な知識 DocuWorks利用前に読んでみよう!

DocuWorksは富士ゼロックスから販売されている、文書編集ソフトと文書管理ソフトが組合さったソフトウェアです。

PDFやWebページなどあらゆる物をDocuWorks文書に変換することによって、文書を簡単に編集することが出来ます。

またDocuWorksは他社製のスキャナーから文書を取り込むことも可能なので、富士ゼロックス以外の複合機を利用していても問題なく利用することが出来ます。

そんなDocuWorksの基本的な動き方を知っておくことでDocuWorksの使い方が大きく変わってきますので、基本的な知識を説明していきます。

 

この記事の内容はYouTubeでも説明しています。動画の方がわかりやすい場合はそちらを見てください。

DocuWorks基本的な知識

冒頭にDocuWorksは文書を編集するソフトと文書を管理するソフトを組み合わせて利用しますと説明しました。

  • 文書を管理するソフトはDocuWorks Desk
  • 文書を編集するソフトはDocuWorks Viewer

上記の2つのソフトを利用する上での基本的な知識を説明していきます。

DocuWorks Deskの表示に関する知識

インストール後に表示されるDocuWorksのアイコンをクリックすると、初めにDoccuWorks Deskが起動します。

DocuWorks DeskはDocuWorksをインストールした後に初期設定を行うと、利用しているユーザーの【Document】の中に【Fujixerox】というフォルダが生成されて、その中のデータをDocuWorksは利用します。

また【DocuWorksDesk】は【Fujixerox】のフォルダ階層の中のユーザーフォルダのデータを見ています。

ユーザーフォルダのリンク先

C:\Users\【windowsユーザー名】\Documents\Fuji Xerox\DocuWorks\DWFolders\ユーザーフォルダ

そのため、Windowsエクスプローラーで見たファイルやフォルダと見え方はDocuWorks Deskと違いますが、ファイルやフォルダは同じものが表示されます。

Document内のユーザーフォルダ以外のフォルダを表示させたい場合はリンクフォルダを利用します。

リンクフォルダを利用すると、特定のフォルダや、サーバー上のフォルダをDocuWorks Desk上で管理することが可能です。

下の画像はデスクトップにある【新しいフォルダ】をリンクフォルダとして設定したものです。

 

WindowsエクスプローラーとDocuWorks Deskでは見え方は違いますが、ファイルは同じものが表示されていることがわかります。

 

このようにユーザーフォルダ以外のフォルダもDocuWorks Desk上で表示させる事が可能なので、利用環境に応じでリンクフォルダの設定を行うと便利に利用できます。

DocuWorks Deskの機能

DocuWorks文書ではツールーバーやお仕事バーに表示されたアイコンをクリックすることによって、編集や文書管理を行えます。

インストール後にツールバーやお仕事バーに表示されているアイコンはほんの一部だけなので、必要な機能を追加したい場合はDocuWorks Deskのカスタマイズを行ってください。

 

カスタマイズ手順は別記事で説明します。(現在はYouTubeで確認してください)

 

DocuWorks Viewerの機能

DocuWorks ViewerではDocuWorks Desk上のDocuWorks文書をダブルクリックすることによって起動します。

 

DocuWorks Viewerは文書に文字入れやスタンプを押したり文書を編集することが出来ます。

編集機能はアノテーションツールバーにあるアイコンをクリックしてから文書をクリックすることによって文字の追加やスタンプを押すなどの編集作業を行えます。

DocuWorks Viewerもアノテーションツールバーに標準で用意されている機能はほんの一部になります。

使い方の説明をした動画もあるので、使い方がわからない方は見てください。

 

 

またDocuWorks Viewerはカスタマイズを行うことによって効率がいい文書編集が行えるので、カスタマイズを行いましょう。

 

また、私がよく利用しているDocuWores Viewerのツールバーを設定できるようにしていますので、気になる方は以下の記事を見てください。

【DocuWorks Viewer】アノテーションツールバーの説明とよー友おすすめツールバーDocuWorks Viewerには文書を編集するアノテーション機能があります。 アノテーション機能はDocuWorksをインスト...

 

まとめ

DocuWorksの基本的な知識を身に着けることによって、応用が利くようになります。

DocuWorksの使い方は無限にあって、使用者本人がDocuWorks DeskやDocuworks Viewerの機能を知っておくことによって、より使えるソフトになります。

DocuWorks ViewerやDocuWorks Deskを操作してみてどんな機能があるかを確認しておきましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。