パソコントラブル

windows10アップグレード後の不具合

windows10アップグレードで不具合

windows10アップデートした後に使用上不具合が発生した場合10日以内であればアップグレード前のOSにダウングレードが可能です。

以上のような場合はアップグレード前のOSに戻しましょう。

ダウングレードの方法

windows10にアップグレードから10日以内であれば簡単に元のOSに戻すことができます。

 

windows画面飛騨市りたの「windowsマーク」をクリックして歯車マークの「設定」をクリックします。

 

windowsの設定が開いたら下側の「更新とセキュリティ」をクリック

 

左側の「回復」をクリックしてwindow8.1に戻すの開始するをクリック

(windows7からアップグレードの場合はwindows7に戻すと記載されています)

 

元のOSに戻す理由にチェックを入れて「次へ」をクリック

 

アップデートのチェックを聞かれますが、「行わない」をクリック

 

「次へ」をクリック

 

「次へ」をクリック

 

「windows8.1に復元」をクリック

(windows7からアップグレードの場合はwindows7に戻すと記載されています)

 

復元にしばらく時間がかかりますが、完了すると元のOSに戻すことができます。

 

以上の作業で元のOSに戻せます。

windoswをアップグレードした際はwindows10をクリーンインストールした場合よりも不具合が多い印象があります。

windows10にアップグレードした時に動作の不安定や周辺機器が使えないトラブルが「発生した場合はwindows10のクリーンインストールでwindows10を使える可能性が高いです。

ただし元のwindowsのOSで使っているデータが初期化されるので、データのバックアップが必須になります。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。