onedrive設定操作

OneDrive自動起動設定、自動起動させない設定

Windows10は最初からOnedriveがインストールされていてOneDriveの設定を行うと次回から自動的にOnedirveの同期ソフトが自動的に起動して、Onedrive上のデータと同期をしてくれます。

しかし、何らかのトラブルでまれにOnedriveが自動起動しない時があります。

自動起動しないトラブルの際はOnedrive同期ソフトの自動起動の設定を行っても、起動時にOnedriveが起動しません。

スタートアップの設定とOnedrive同期アプリの設定の2つの設定を行うことで自動起動ができるようになります。

Onedrive自動起動設定手順

 

自動起動できないパソコンはデスクトップ上のOnedriveのアイコンをクリックすると起動します。

 

 

クリック後に右下の常駐プログラムの枠に雲マークが出現

 

まずはスタートアップの設定を確認

  1. タスクバーの何もない場所を右クリック
  2. 「タスクマネージャー」をクリック

 

 

タスクマネージャーが起動したら

  1. 「スタートアップ」をクリック
  2. Onedriveの状態が有効になっていることを確認
  3. 無効になっている場合は「有効にする」をクリック

自動起動を無効にする場合はOnedirveの状態を「無効」にしてください。

 

 

続いてOnedrive同期ソフトの設定

  1. OneDriveのアイコンを右クリック
  2. 「…」をクリック
  3. 「設定」をクリック

 

 

  1. タブの「設定」をクリック
  2. 「Windowsにサインイン…」にチェックを入れる
  3. 「OK」をクリック

自動起動させたくない場合は「Windowsにサインイン…」のチェックを外してください。

 

上記設定を行った後に再起動をしてください。

再起動後にOnedriveが自動起動したら設定が完了です。

またOnedriveの自動起動を無効にしたい場合は、記事中のポイントの部分を読んで各設定を行ってください。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。