office365設定操作

全部説明します!!Office365ってなに?メリットあるの?価格は?

Office365とはWrodやExcelなどのOfficeソフトや、なまざまなクラウドサービスが利用できるマイクロソフトが提供する月額制のサービスです。

Office365を月額版のクラウドサービスと説明すると多くの方が口を揃えて言うことがあります。

「ネット上でしかWordやExcelが開けなくなるんでしょ?」

 

答えはNoです。ネット上でもOfficeソフトを利用することは可能ですが、従来通りパソコンにOfficeソフトをインストールして利用することができます。

Officeソフト以外にもExchange、SharePoint、OneDrive、Teamsなどのクラウドグループウェア機能が備わっていますので社内外の情報共有を行う事に特化したシステムを利用することができます。

Office365のプラン

Office365には様々なプランがあり、利用するサービスによって月額の料金が変わります。

Office365を契約すると1つの「テナント」が付与され、テナントの中のユーザーにライセンスを付与してサービスを利用します。

テナントの人数が300名以上で利用するか300名以下で利用するかによって選択するプランが異なります。

このサイトでは300名以下のOffice365Businessのプランについて解説しています。

テナント

1つのグループ。通常1つの会社で1テナントを利用。

基本的にはテナント間のグループウェアの共有は出来ません。

Office365Business

Office365Businessのプランには利用できるサービスが大きく分けて5つあります。

以上の5つのサービスの中で利用するサービスによって選択するプランが異なります

Office365Businessプランの内容と価格

Office365BusinessのプランはBusiness,BusinessEsentials,BusinessPremiumの3種類があります。

各プランの価格と以下の通りです。

Word、Excel、OutlookなどのOfficeソフトのみを利用したい場合は、Office365Business、メールサーバーやスケジューラー、Web会議、複数のユーザーでデータの共有をしたい場合はOffice365BusinessEsentialsを選びます。

Officeソフトやグループウェアなどすべて利用したい場合はOffice365BusinessPremiumを契約しましょう。

どのプランでも個人ストレージ1TBが利用できるので、データのバックアップを考えている方や容量不足に悩んでいる方は解決できます。

ユーザー毎に異なるライセンスを選択できるので、Aさんは新しくOffice無しパソコンを購入するのでOffice365BusinessPremium、BさんはOfficeソフトが既にインストールされているパソコンを使用しているが、グループウェアを使いたいのでOffice365BusinessEsentialsなどと必要に応じて柔軟な選択をすることも可能です。

また、Office365はMicrosoftからの提供だけでなくいくつかの企業が卸売りをしています。

大手メーカーの価格表をまとめました。

税抜き表記 Business Essentials Business Business Premium
microsoft
()内は月額契約
¥650(¥540) ¥1,080(¥900) ¥1,630(¥1,360)
お名前.com ¥540 ¥900 ¥1,360
Amazon ¥540 ¥900 ¥1,360
富士ゼロックス ¥540 ¥900 ¥1,360
大塚商会 ¥540 ¥1,080 ¥1,480
キヤノン ¥600 ¥1,000 ¥1,500
リコー ¥660 ¥900 ¥1,360

Microsoftは年契約であれば最安値で契約できますが、月額契約の場合は他社と比べると高額になります。

ビジネスで使用する時は「富士ゼロックス」「お名前.com」「Amazon」、個人で利用する場合は「お名前.com」「Amazon」で購入するといいでしょう。

AmazonでOffice365Businessを契約される場合は以下のリンクから

       

 

Office365Business最大のメリット

Office365BusinessEsentials(¥540~)Office365Business(¥900~)、Office365BusinessPremium(¥1,360~)のライセンスはユーザーに付与するライセンスになります。

ライセンスを付与されたユーザーは5台までのパソコンにWord、Excel、Outlookなどのソフトウェアをインストールする事ができます。さらにスマートフォン、タブレットにもそれぞれ5台ずつの計最大15台迄Ofiiceソフトインストールすることができます。

さらに最新版のOfficeが自動インストールされるので、常に最新の機能が利用することができます。

Officeソフトの永久ライセンスは数万円と高額なので、複数台のパソコンにOfficeソフトを利用する予定がある方はOffice365がオススメです。

永久ライセンス版は2台のパソコンにインストール可能ですが、3台以上のパソコンを所有している方、又は所有する予定がある方は永久ライセンス版を2つ購入する必要があるので、Office365の月額版Officeの方がコストメリットがでます。

上記で説明したOfiice365の各サービスの機能は以下の記事で紹介します。

Office365Businessを使いこなして働き方改革を加速させようOffice365Businessで使えるサービス Office365Businessのプランには利用できるサービスが大きく分けて5つ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。