DocuWorks

【DocuWorks】無料体験版あり PDF編集、捺印できる 単純!安い!使いやすい文書編集ソフトDocuWorks

DocuWorks(ドキュワークス)って聞いたことあります?

富士ゼロックスが販売しているあらゆる文書を編集できるソフトです。

富士ゼロックスのコピー機を使っている会社であればパソコンにドキュワークスが入っているかもしれませんよ!

デスクトップにこんなアイコン無いですか?

このアイコンがパソコンにある方は今すぐにドキュワークスを使ってPDFなどのあらゆる文書を編集することが出来ます。

アイコンがない方でも無料で60日間ドキュワークスの体験版をインストールできるので、体験版を利用して使えると思った方は購入しましょう。

体験版の利用手順はこの記事で紹介しているので参考にしてください。

【DocuWorks】60日無料体験版 DocuWorks9インストール手順富士ゼロックスが販売している文書編集ソフト【DocuWorks】は富士ゼロックスの会員サイトの【富士ゼロックスダイレクト】の登録を行う事...

 

YouTubeで動画でも公開しています。

ドキュワークスは単純

ドキュワークスは国内販売本数600万ライセンスの販売されています。

ここまで販売本数がある理由は文書編集の操作性が単純な事だと思います。

ドキュワークスのような文書編集ソフトは、富士ゼロックスの競合であるリコーやキャノンも販売しています。

リコーのRidoc Desk Navigator(リドック)やキャノンのimage Ware(イメージウェア)は富士ゼロックスのドキュワークスと比べるとソフトの仕組みが複雑で覚える操作量が多くなります。

操作を覚えればリコーのリドックやキャノンのイメージウェアの方が細かな機能を使えるので魅力がありますが、今まで文書編集ソフトを使ったことがないという方は、一番単純に編集が行えるドキュワークスがオススメです。

ドキュワークスでPDFの編集

このページにたどり付いた方の多くはPDFの編集が行えないかと探し回っている方がほとんどだと思います。

ドキュワークスでのPDFの編集の流れは以下の通りです。

DocuWorksはPDFを直接編集することはできません。

えーーー面倒くさいと思われると思いますが、これがドキュワークスの最大のメリットである単純操作なんです。

 

編集する物はとりあえずドキュワークス化するという事は必ず頭に入れておきましょう。

 

まずPDF文章を開きます。

このままでは編集が行えないので、いつも印刷する容量で印刷をする直前の画面まで行きます。DocuWorksをインストールしているとプリンターの一覧に【DocuWorks Printer】の表示がでます。

  1. プリンターの一覧をクリック
  2. DocuWorks Printerを選択
  3. 印刷をクリック

 

 

 

自動的にDocuWorksが起動して、ドキュワークス化されたPDF文書が表示されます。

 

 

 

このドキュワークス化された文書であれば編集を行う事が出来ます。

ダブルクリックで編集画面を開いて、上部のアノテーションをクリックすると様々な編集が可能です。

 

 

編集が完了したらPDF化することによってDocuWorksを導入していないパソコンでも文書を表示させることが出来ます。

  1. PDF化したい文書を選択する
  2. PDFに変換をクリック

 

 

 

  1. PDF化された文書が生成される

 

この文書をメールなどで送ることで、ペーパーレス化が実現できます。

DocuWorksで判子を捺印

DocuWorksでは画像データをスタンプ化することが簡単にできます。

また以下の記事のエクセルで透過印鑑を作った後にDocuWorksにスタンプとして登録すると、電子上の文書に数秒で捺印することが出来ます。

【Excel,DocuWorks】エクセルで実際の印鑑を使う手順 画像の透過と背景色を合成させるExcelで上で実際に使っている印鑑を捺印出来たら、紙に出力する必要がなくなりペーパーレス化にもなり時間短縮も行えますね。 しかし...

この透過スタンプを登録すれば、実際に紙に押したように電子上に捺印することが出来ます。

  1. 登録したスタンプを選択
  2. 押したいと所でクリック
  3. スタンプが貼り付く

見積書などで紙に出力後に会社印(角印)を捺印した後に電子化してメールを行っている方は、紙を出力せずに一連の作業が行えるの時間短縮、紙代、プリント代の節約につながります。

 

ドキュワークスは安い

PDFはAdobe社の拡張子データですので、もちろんAdobe社でPDFを編集するソフトウェアは販売しています。

Adobe社のPDF編集ソフトはAcrobat Readerというソフトですが、現在Acrobat Readerは年額または月額のサブスクリプション版で利用できず、月額1,380円のコストがかかります。

キャノンのイメージウェアより安く、リコーのリドックよりは価格は高いですがドキュワークスはPC1台あたり15,800円で購入でき尚且つ電話サポートが無期限で利用できます。

  メーカー 値段
DocuWorks 富士ゼロックス 15,800円
Ridoc Desk Navigator V4 リコー 13,500円
imageWARE Desktop V4 キャノン 28,000円
Adobe Acrobat Reader アドビ 1,580円/月

ソフトウェアの価格と購入後のサポートを考えるとドキュワークスのメリットが非常に大きいと思います。

ドキュワークスの体験版インストール手順

DocuWorksの体験版は富士ゼロックスのユーザー会員サイトの【富士ゼロックスダイレクト】の登録が必要になります。

以下の記事の参照してDocuWorksの体験版をインストールしてください。

【DocuWorks】60日無料体験版 DocuWorks9インストール手順富士ゼロックスが販売している文書編集ソフト【DocuWorks】は富士ゼロックスの会員サイトの【富士ゼロックスダイレクト】の登録を行う事...

富士ゼロックスダイレクトの登録からドキュワークスのインストールまで10分程度で行えるので、気になった方はぜひドキュワークスの体験版をインストールしてください。

まとめ

在宅ワークやペーパーレス化で電子文書の扱いが非常に多くなっていると思います。

DocuWorksはPDFやExcel、PowerPoint、システムからの出力などソフトウェアにとらわれずに編集、加工、PDF化が行えます。

紙に出力してから、手書きで編集処理をしていた方はDocuWorksがあれば、パソコン上ですべての操作が可能になります。

DocuWokrsの操作を覚えて、ペーパーレス化に慣れていきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。